はじめに

 田川地区水道企業団は、県営伊良原ダムを水源として、田川地域に安全でおいしい水の安定供給を図ることを目的に、 平成元年に一部事務組合として設立しました。
平成13年には企業団浄水場が完成し、伊良原ダムの完成は遅延していましたが、 耶馬渓ダムから日量14,700立米の原水の供給を受けることにより、構成団体に水道用水を暫定的に供給しておりました。
平成30年には伊良原ダムも完成し、日量25,700立米の供給ができることとなりました。

企業団設立の趣旨

 田川地区水道企業団は、平成元年に当時の田川市、川崎町、糸田町、金田町、赤池町の5団体 (現:田川市、川崎町、糸田町、福智町の4団体)で設立しました。
 この地域の水道用水は、その大部分を地下水、表流水に依存しており、 その水質は、表流水にあっては、生活排水による汚濁の進行、また地下水にあっては、 炭鉱の坑道水や地質等の影響により、鉄・マンガン等の蒸発残留物を多く含有しており、 さらに地下水取水による地盤沈下の恐れがある等、良質な水道水確保及び安定供給が懸念される状況に ありました。
 このことから、これら「量と質」の問題を解消し、広域的な水道整備を図るため、 県営伊良原ダム建設事業に参画し、日量27,000立米の原水を確保することとなりました。

企業団の組織

  • 議会9名(田川市3名、川崎町2名、糸田町2名、福智町2名)
  • 運営協議会4名(田川市長、川崎町長、糸田町長、福智町長)
  • 幹事会(構成団体の水道課長、財政担当課長各1名)
  • 監査委員2名(識見監査委員1名、議会選出監査委員1名)
  • 企業長:田川市長
  • 副企業長:川崎町長、糸田町長、福智町長、合計3名
  • 事務局体制
    田川市派遣4名
    川崎町派遣1名
    糸田町派遣1名
    福智町派遣1名
    企業団嘱託職員等2名
    合計9名(統合推進室含む)

企業団のあゆみ

平成元年9月
田川地区水道企業団設立
(当時の構成団体:田川市、金田町、川崎町、糸田町、赤池町)
平成2年12月
用水供給事業認可
平成13年3月
田川地区水道企業団浄水場完成
平成13年8月
暫定分水により一部供用開始 (1日最大 14,700立米)
平成18年3月
福智町発足(旧金田町、赤池町、方城町の合併)
平成30年4月
伊良原ダム竣工により、ダムからの取水開始

構成団体別用水供給量

構成団体名 ダム完成前 ダム完成後
田 川 市 6,500立米/日 10,200立米/日
川 崎 町 2,300立米/日 5,000立米/日
糸 田 町 2,000立米/日 3,000立米/日
福 智 町 3,900立米/日 7,500立米/日
14,700立米/日 25,700立米/日

構成団体の水道

※平成30年3月31日現在
田川市 川崎町 糸田町 福智町
行政区域面積(ku) 54.52 36.12 8.04 42.04 140.72
給水区域面積(ku) 39.35 11.00 8.04 24.96 83.35
行政区域内人口(人) 48,406 17,034 9,162 23,100 97,702
現在給水人口(人) 47,698 16,376 8,405 21,252 93,731
給水戸数(戸) 24,090 7,916 4,039 9,603 45,648

用水供給経路図

経路図